リュードヴァン ソーヴィニヨンブラン 2021

リュードヴァン ソーヴィニヨンブラン 2021

通常価格 ¥4,950
/
税込

ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン
産地:長野県東御市産100%
収穫年:2021年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:株式会社リュードヴァン

◆商品説明◆
Rue de Vin の代表小山さんの存在なくして長野県のソーヴィニヨン・ブランは語れません。
2008年のファーストヴィンテージ発売当時、長野県のワイン業界はその話題で持ちきりになったという伝説があるほど。

それまでのNAGANO WINE といえば、白ワインはシャルドネ、赤ワインはメルローが主流。そこに突如として現れた高品質なソーヴィニヨン・ブランは、シャルドネやメルロー以外の品種の可能性を感じさせてくれた、NAGANO WINE のひとつのターニングポイントになったと言われています。
この品種が注目される前から、その可能性に着目してきた先駆け的存在のRue de Vin さんが造るソーヴィニヨン・ブラン。初回リリースから10年以上経った2021年ヴィンテージもその品質は健在です。

~テイスティングコメント~
淡いレモンイエローの色調。フレッシュないちじく、マスカット、キウイ、洋梨、グレープフルーツと豊富な果実香とともに、フレッシュハーブ(ヴェルヴェーヌ・セージ)やレモングラス、コリアンダー、オレンジの皮、カルダモン、わずかに麝香の香りも感じられます。清らかですが、落ち着きと深みのある香りです。

しっかりとしたアタックとともに、重層的な果実のフレーバーと厚みのあるボディが広がります。上質な酸が繊細さと活力を表現し、スパイスや麝香のフレーバー、そして苦味が味わいをさらに広げてくれます。ジューシーな果実感や厚みが感じられる一方、上質できれいな酸が全体を引き締めます。丁寧につくられた育ちの良さのようなものを存分に味わうことのできるワインです。2022/4/19 試飲

 

◆おすすめペアリング◆
2019ヴィンテージは、いちじくと生ハムのサラダ、水菜を入れた鶏団子鍋とペアリングしましたが、今回は、Scalesさんの『果物のひと皿』より、「シャインマスカットのディルヨーグルトソース ローストポークに添えて」や、「ローストポーク 洋梨のソース」のような肉料理に果物を添えたりソースにするのもおすすめです。また、レモンを効かせた鶏肉の塩肉じゃがや、ワインの苦味に合わせてクレソンを鶏肉で巻いた八幡焼きなども。

リュードヴァンさんのソーヴィニヨン・ブランは、本場フランス ロワールのサンセールやプイィフュメを連想させるスタイルのワインなので、それらとペアリングされることの多い、スモークサーモンを使った前菜やサラダ、海老・帆立フライなどの甲殻類や川魚と合わせるのもいいかもしれません。


ATTENTION!
※ご購入前にご確認ください。

当サイトに掲載している商品は、店頭で同時に販売しております。そのため、ご注文いただいた時点で完売している場合がございます。万が一、在庫をご準備できなかった場合は、新ヴィンテージの入荷予定も確認いたしまして、その旨もあわせてメールにてご連絡させていただきます。 

また、複数点お買い上げいただきそのうちの何点かの在庫をご準備できなかった場合も、当店より再度ご購入の意思確認をさせていただく場合がございます。あらかじめ、ご了承いただけますようお願いいたします。