信州たかやまワイナリー シャルドネ 2018

信州たかやまワイナリー シャルドネ 2018

通常価格 ¥3,025
/
税込

ぶどう品種:シャルドネ
産地:長野県高山村産100%
収穫年:2018年
内容量:750ml
アルコール度数:12.5%
製造者:株式会社信州たかやまワイナリー

◆商品説明◆

あの人気漫画「マリアージュ~神の雫 最終章~」にて、「ピュアで骨格がしっかりしていて長期熟成にも耐えられる素晴らしいシャルドネ」と表現された信州たかやまワイナリーさんのヴァラエタルシリーズシャルドネ2017

このワインはそのヴァラエタルシリーズのシャルドネ、待望の新ヴィンテージです。

NAGANO WINE が、神の雫に掲載されるなんて!!!

ワインの仕事に就く前から読んでいた漫画だったこともあり、売り手の私もとても誇らしくなってしまいます。

神の雫でも表現されていたように、まさにピュアでみずみずしい果実感とシャープな酸が魅力の1本。しっかりとした骨格を持ちながらも重くなりすぎないというバランス感に優れたワインです。

休日、神の雫を片手にこのワインを開けてみる。よく冷えた温度帯からスタートして、物語が展開していく中で、ワインもゆっくりと変化を遂げていく。一巻読み終わる頃には温度が上がってリッチな印象に包まれるそんな楽しみ方もいいと思いませんか。


~テイスティングコメント~

澄んで輝きのあるイエローの外観。

蜜りんご、大きめの和柑橘、アカシア、フレッシュハーブ、石灰、わずかにスモーキーな印象が感じられる香りです。

味わいのアタックは穏やかで、ピュアでみずみずしい甘みを伴った果実のフレーバーが一気に押し寄せます。

次第にアルコールの厚みが加わり、さらにアカシア、フレッシュハーブ、ミネラリーな要素などが加わることで、ただピュアなだけではないボリューミーな一面も見せてくれます。甘やかな果実感と程よいボリューム感を、フレッシュでシャープな酸がキュッと引き締め、長めの余韻へと導いてくれます。

後半にかけてミネラルを伴った塩味がわずかに感じられますが、その適度な塩味が味わいをよりまろやかにしてくれています。

やわらかい蜜のような果実感とフレッシュな酸、そしてミネラル感が素晴らしいバランスでまとまった、上品な口当たりを楽しめるワインです。

温度が上がるとバターのようなリッチな香りも出てくるので、鶏肉や豚肉のバターソテーなどのお料理とも合いそうです。フレッシュハーブの要素やみずみずしい印象に合わせて、水菜を使った豚しゃぶサラダなどのメニューもおすすめ。

2020/12/14試飲


◆ソムリエayaのペアリング提案◆

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯

このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【豚しゃぶサラダ】

水菜とミョウガ、そして豚しゃぶをゆず果汁の入ったゴマポン酢でいただきます。水菜とミョウガの爽やかさ、そして、ゆずの風味もワインとよく合います。豚肉の旨味も増幅して、ワインも料理もどちらも止まらなくなります。でも、サラダだし食べすぎても大丈夫!笑