信州たかやまワイナリー ソーヴィニヨン・ブラン 2019

信州たかやまワイナリー ソーヴィニヨン・ブラン 2019

通常価格 ¥3,025
/
税込

ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン
産地:長野県高山村産100%
収穫年:2019年
内容量:750ml
アルコール度数:12.0%
製造者:株式会社信州たかやまワイナリー

◆商品説明◆

高山村のソーヴィニヨン・ブラン100%で造られた白ワインです。

長い梅雨と記録的な台風に見舞われた2019年。自然の猛威を耐え抜いたぶどうから造られた生命力あふれるヴィンテージで、2018年とは違った2019年ならではの作柄が表現された1本です。

作柄の違いを楽しみ、その年の思い出とともに振り返ることができるのもワインの醍醐味の一つだと私は思っています。

Mayca(メイカ)さんが手掛けたヴァラエタルシリーズを彩るラベルは、高山村の満天の星、夜と夜明けの狭間の白んだ空、ぶどうを含む全ての果実や実るものが描かれ、その果物たちが人々に幸せを贈るというイメージが表現されています。


~テイスティングコメント~

輝きのある淡いレモンイエローの色調。

まず最初にトロピカルフルーツの香りが華やかに広がり、次第にグレープフルーツ、カシスの蕾、清涼感あふれるフレッシュハーブ、わずかにミネラルの印象も感じますが、甘やかな果実とフレッシュハーブが主体となった香りです。

味わいのアタックは穏やかで、ソーヴィニヨン・ブランらしい柑橘や青りんご、ハーブのフレーバーが口の中を爽やかに駆け抜けます。中盤からトロピカルフルーツやわずかに感じるナッツのフレーバーとアルコールが重なることで全体に厚みが加わります。後半にかけてミネラルを伴った苦味をわずかに感じますが、最後にはまた水々しい果実の透明感が戻ってくるので、フィニッシュはとても爽やか。

ソーヴィニヨン・ブランらしいアロマティックな香りと、透明感あふれる果実味を楽しめる、一度に飲み切ってしまいそうなほど軽やかなワインです。

信州たかやまワイナリーさんがオススメするのはレモンに合う料理!ということで、レモンを使ったパスタ、白身魚のソテーにレモンを添えたり、鮭ときのこにレモンの輪切りを乗せたホイル焼きも良さそうです。

2020/12/14試飲

 

◆ソムリエayaのペアリング提案◆ 

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯!


このワインに合うおすすめ料理〜主食編〜 【レモンパスタ】

冬に旬を迎える国産レモンを使って。レモン果汁、レモンの皮、バター、パルミジャーノ、黒胡椒を使ってシンプルに仕上げました。ワインの柑橘のフレーバーとレモンが同調して、口の中がレモン!で満たされますよ。


このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【鮭としめじのホイル焼き(輪切りレモンを乗せて)】

ワインの柑橘を想わせる酸味が鮭の旨味を引き出し、ワインの果実味もより膨らみます。ワインの水々しさとしめじのジューシーさもうまくリンクします。