はすみふぁーむ 千曲川ピノ・ノワール 2019

はすみふぁーむ 千曲川ピノ・ノワール 2019

通常価格 ¥3,900
/
税込

ぶどう品種:ピノ・ノワール
産地:東御市産
収穫年:2019年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:株式会社はすみふぁーむ

◆商品説明◆

ブルゴーニュ以外で、美味しいピノ・ノワールが造れないという定説。その定説がいまや覆されつつあります。

アメリカのカリフォルニア(カリピノと呼ばれたりします)やオレゴン、オーストラリアのヴィクトリア州、ニュージーランドやチリ、北海道や青森でも良質なピノ・ノワールが造られ、今や世界で栽培される国際品種になっています。

その背景にはやはり、ピノ・ノワールに情熱をかける熱心な栽培家、醸造家の存在があります。

はすみふぁーむの蓮見さんもまさにそのお一人ではないでしょうか。なんと海外にも輸出され、日本のワインの知名度向上にも貢献してくださっています。

このピノ・ノワールは、その品種個性が見事に引き出されたワインです。タンニンが控えめなので、はじめてワインをお飲みになる方にもおすすめ。きっと、ピノ・ノワールの虜になってしまいますよ。

 

~テイスティングコメント~

やや落ち着いた印象の淡いラズベリーレッドの色調。

グラスに顔を近づけると、フレッシュなクランベリー、スミレ、胡椒のようなスパイス、良質な紅茶でできた甘いストレートティーなど、華やかなアロマが何層にも重なりながら豊かに広がります。

口に含むと赤系果実を中心としたフレーバーがエアリーに口の中に広がってゆき、フレッシュで上品な酸がピュアな果実感や程よいアルコール感とともに心地よく広がりのある味わいへと導きます。

出汁を想わせるような旨味を伴ったフレーバーが味わいをより豊かに、キメの細かいタンニンとかすかに残るカカオのフレーバーが余韻まで心地よく続きます。

可愛らしい赤系果実のアロマが豊かに広がり、充実感のある味わいなのに空気を含んだように軽やかな印象。ピノ・ノワールの品種個性がきれいに表現された1本です。

ワインの出汁を想わせるような旨味が、醤油や甘辛い味付けをした定番の和食と良く合いそうです。ちなみに、2018ヴィンテージにたれの焼き鳥を合わせましたが、好相性でしたよ。

2021/1/19試飲

 

◆ソムリエayaのペアリング提案◆

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯

このワインに合うおすすめ料理~主食編~【パン・ド・カンパーニュ×とろけるチーズ】

スライスしたカンパーニュにとろけるチーズをかけてトースト。カンパーニュの黒糖のような香ばしさとチーズの塩気、ジャムの役割を果たすワインの果実感が口の中で溶け合って、旨味爆弾みたいになります。「旨味爆弾」という表現ははじめて使いますが、まさにそんな印象です。ちなみに「旨味爆弾」とは、ハンバーグなんかに使われるワードのようです。

 

このワインに合うおすすめ料理~デザート編~【木苺のレアチーズタルト】

2018ヴィンテージとアメリカンチェリーのタルトとの相性が良かったので、2019もタルトを合わせました。ワインの果実感と木苺が合うのはもちろん、ワインのカカオのフレーバーが、タルトの上に薄く敷かれたカカオスポンジと好相性。互いの美味しさが響きあう、大人だけが知るデザートの楽しみ方です。