アルカンヴィーニュ ブラン 2017

アルカンヴィーニュ ブラン 2017

通常価格 ¥2,190
/
税込

ぶどう品種:竜眼、シャルドネ
産地:長野県産(竜眼89%、シャルドネ11%)
収穫年:2017年
内容量:750ml
アルコール度数:11%
製造者:日本ワイン農業研究所(株)「アルカンヴィーニュ」

◆商品説明◆

シルクロードを経由して中国、日本へ伝来したと言われ、薄く灰色がかった紫色の果皮を持つ東洋系欧州品種、竜眼を主体としたワインです。ぶどう一粒一粒が大きく龍の目のような形をしていることからその名が付けられ、別名「善光寺ぶどう」とも呼ばれる竜眼は、明治初期から善光寺がある長野市周辺で栽培されてきたぶどうです。甲州のようなポテンシャルを秘めた、長野県が今後世界に発信していきたいぶどう品種でもあります。

いい意味でニュートラルなので、どんな料理にも合わせやすい竜眼。

味わったことのない方にはぜひ一度は味わっていただきたい、NAGANO WINE SHOP 一押しの品種、竜眼から造られたワインです。

~テイスティングコメント~

ややベージュがかったレモンイエローの色調。

レモンピールのような苦味を伴った爽やかな香りとミネラル感が主体となった香りです。

味わいのアタックは穏やかですが、香りでは感じられなかったジャスミンのような華やかで少しエキゾチックなフレーバーと共に和梨をかじったような水々しい果実感が口いっぱいに広がります。水々しい果実感にアルコールがしっかり重なるので適度な厚みを感じつつ、マイルドながらも豊かな酸が凛とした印象を与えています。

中盤以降、ミネラル感を伴った塩味と苦味が全体にアクセントをつけ、その心地よいミネラル感はジャスミンのようなフレーバーとともに余韻まで続きます。

竜眼の透明感あふれる水々しさがきれいに表現された、控えめながらも華やかなフレーバーが印象的なワインです。

お刺身、天ぷらなど素材の味を生かした繊細な味付けの和食と特に相性が良いです。

2020/12/14試飲


◆ソムリエayaのペアリング提案◆
今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯

このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【真鯛のお刺身】

ワインの繊細な印象を生かすため、ここは醤油ではなく塩とわさびで!真鯛の旨味が膨らみ、わさびが程よいアクセントになっています。昆布塩がある方はぜひ昆布塩をかけてお召し上がりください!ワインのミネラル感とうまくリンクして、お刺身の旨味がよりアップしますよ。


このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【クレソンを添えたブリしゃぶ】

ワインと合わせるので、西洋野菜のクレソンをセレクト。ブリと一緒に軽く昆布だしにくぐらせることで青っぽさを飛ばし、ほろ苦さだけを残しました。白ワインと合わせると臭みが出やすい血合いの入ったブリも、クレソンが生臭さを抑えすっきりさせてくれます。ワインにある柑橘の風味とゆず果汁の入ったポン酢、さらにワインの水々しさと大根おろしでテクスチャーを合わせれば、至福の組み合わせに!脂ののったブリも、このワインと一緒ならすっきり美味しくいただけますよ。