ナゴミヴィンヤーズ グラスホッパー 2021

通常価格 ¥2,860
/
税込

ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン主体
産地:東御市産
収穫年:2021年
内容量:750ml
アルコール度数:
製造者:ナゴミ・ヴィンヤーズ合同会社

 ◆商品説明◆

ソーヴィニヨン・ブランを主体に、複数の白系品種をブレンドした1本。品種ごとに醸造方法を工夫し、野生酵母によるアルコール発酵でゆっくりと丁寧にブドウの魅力を引き出しています。
エンジニア時代に培った“あるものからベストをつくっていく”というプロセスはこのアッサンブラージュ(ブレンド)の工程でも活かされています。

栽培は今年(2022年)で11年目と良い時期を迎え、リリース後すぐに完売してしまうほど人気の高いワイナリーさんのひとつなので、見つけた時が買い時です!

 

~テイスティングコメント~

やや濃いめのイエローで、ゴールドの色調もみられる外観。

穏やかな酸の和柑橘、白桃、フレッシュないちじくなどの果実香に加え、アカシアやカシスの蕾、青いハーブを思わせるヴェルヴェーヌの香りもわずかに感じられます。

口に含んだ瞬間から芳醇で、しっかりとした果実感があり、フレッシュでありながらもフレーバーは洋梨のコンポートや花の蜜のような凝縮感があり、全体に厚みのある味わい。
酸はピュアでまろやかな味わいの中に溶け込み、柑橘の皮やわたのようなほのかな苦味が後味に心地よく残り、食事を誘います。

フレッシュ感や酸を楽しめるので春夏には温度を低めにして、芳醇で厚みもあるので少し温度を上げて秋冬にもお楽しみいただけると思います。

 

◆ソムリエayaのこんな料理と合わせてみたい ◆

白身魚の塩焼きや天ぷら、初夏に出回る鮎など苦味のある川魚ともワインのほろ苦さがマッチしそうです。

また、脂ののったエンガワや、旨味の強いのどぐろに柑橘を搾ったり、しそやみょうがなどの薬味を添えるのも◎

ソーヴィニヨン・ブランの産地 チリのレイダヴァレーでは、ライムを搾ったウニをバゲットに乗せて合わせているので、ウニと合わせてみるのも良いかもしれません。

ワインの香りやフレーバーに合わせて、いちじくのサラダ仕立て(フレッシュチーズとともに)というのも試してみたいペアリングです。

 

ATTENTION!

※ご購入前にご確認ください。

当サイトに掲載している商品は、店頭で同時に販売しております。
そのため、ご注文いただいた時点で完売している場合がございます。

万が一、在庫をご準備できなかった場合は
新ヴィンテージの入荷予定も確認いたしまして
その旨もあわせてメールにてご連絡させていただきます。 

また、複数点お買い上げいただき
そのうちの何点かの在庫をご準備できなかった場合も
当店より再度ご購入の意思確認をさせていただく場合がございます。
あらかじめ、ご了承いただけますようお願いいたします。