リュードヴァン ヴァン・ミニヨン 鶴部メルロ 2018

リュードヴァン ヴァン・ミニヨン 鶴部メルロ 2018

通常価格 ¥2,901
/
税込

ぶどう品種:メルロ
産地:長野県松川町産100%
収穫年:2018年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:株式会社リュードヴァン

◆商品説明◆

信頼できる友人との繋がりの中で生まれた当商品は、小山さんの友人が松川町で大切に育てたメルロー100%でできた赤ワインです。栽培してくれた友人の名前の入った商品として、シリーズを独立させることで友人を尊重した商品として展開されています。

松川町のメルローの畑の標高は500メートルほど。すぐそばには天竜川が流れ、おそらく川風も吹くような環境。一方、リュードヴァンは標高800メートル付近にメルローの畑があるので、熟度がだいぶ違うそうです。条件が良い年にはリュードヴァンのメルローよりも熟した果実の印象が感じられるんだとか。

もちろん、ぶどうの作柄による違いがあっても、タンク内熟成の頃合い、樽の種類や使用割合をコントロールしてそれぞれの要素を調和させている。これが、リュードヴァンさんならではの味わいのバランスの取り方。

2018ヴィンテージは軽やかなワインだったということで、熟成は全て古い樽を使用、あまり香りがつかないようにゆっくりと熟成されています。

日常の暮らしの中に気軽に取り入れられるようにと企画されたセカンドラベル的な位置づけの「ヴァンミニヨン」シリーズ。手を伸ばしやすい価格でリュードヴァンさんの技に触れることができるので、初めての1本としても最適です。


~テイスティングコメント~

淡いダークチェリーレッドの色調。

フレッシュなブルーベリーやカシスの香りが主体で、そこに清涼感のあるハーブや土、キノコのような香りやロースト香もわずかに感じられます。

味わいのアタックは穏やかですが、急ぎ足で噛めるようにジューシーな果実感と、それに調和したアルコールが広がっていき、早くも序盤から心を満たしてくれるようです。

中盤にかけて果実のフレーバーがより膨らみ、凛とした伸びやかな酸がやわらかいタンニンと共に骨格をつくり、さらなる充実感を与えてくれます。

後半でほのかに香るメントールのようなフレーバーが後味をスッキリさせてくれ、余韻ではロースト香も感じられます。様々な要素がありながらも、それらが全面に出ることなくきちんと調和が取れ、バランスの整った1本です。

後半で感じるメントールのフレーバーは、ジメジメした日本の夏に清涼感を与えてくれる、暑い時期でも美味しく飲めそうな赤ワイン。

2020/11/12試飲

 

◆ソムリエayaのペアリング提案◆

 今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯

このワインに合うおすすめ料理~主食編~【ベーコンとしめじの和風醤油パスタ】

ワインの土やキノコの風味に合わせてしめじをセレクト。ワインのやさしい果実味がより膨らみ、しめじの旨味も生きてくる相性です。ツルツルのパスタと柔らかなワインのテクスチャーもぴったり合います。アクセントに加えたしそもワインの清涼感とリンクして、いい仕事をしてくれています。