テールドシエル ピノ・ノワール 2018

テールドシエル ピノ・ノワール 2018

通常価格 ¥3,630
/
税込

ぶどう品種:ピノ・ノワール
産地:長野県小諸市糠地産
収穫年:2018年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:日本ワイン農業研究所(株)「アルカンヴィーニュ」
加工所:株式会社ヴィラデストワイナリー

◆商品説明◆

テールドシエルさんの畑で最も多く植えられているというピノ・ノワール。世界中のワイン愛好家を惹きつけてやまない香り高い品種で、あの有名な「ロマネ・コンティ」もこのピノ・ノワールから造られます。

環境に左右されやすく、育てるのが難しいとされる品種をテールドシエルさんはあえて選択し、ピノ・ノワールを極めるという強い意志を持ってぶどう栽培に取り組まれています。

通常、ぶどう栽培の適地は標高800メートルまでとされ、それ以上高いと凍害の可能性がありますが、テールドシエルさんのぶどう畑は雲海が見えてしまうほど高い、平均930メートルの場所に位置します。驚きですよね。

そんな高地で育ったピノ・ノワールがどんな味わいなのか、私も試飲するときとてもワクワクしました。そのワクワク感を皆さまにもぜひ感じて欲しいのです。

ステンレスタンク熟成のものと樽熟成のもの。2種類リリースされていますので、2本買って並べて飲み比べてみるという贅沢な飲み方もおもしろいですね。

こちらは、ステンレスタンクで熟成されたタイプです。可愛らしい果実感ときめ細かい酸が印象的な、長野県のピノ・ノワールの可能性を感じさせてくれる1本です。

 

~テイスティングコメント~

ごく淡い落ち着いた色調のラズベリーレッドで、やや強めの粘性。苺やアセロラのような甘酸っぱい赤系果実の香りが主体となる中に、わずかに出汁のような旨味が感じられる香りです。

味わいのアタックは穏やかでソフト。香りでも感じられた旨味や果実感がやわらかでエアリーに広がり、アルコールがその広がりを増幅させつつ、透き通るようなきれいな酸が全体を引き締めます。後半から余韻にかけて、赤系果実の甘やかな印象が口中に残り、充実感を与えてくれます。可愛らしい果実味ときめ細かい酸、そして緻密なタンニンとバランスの取れた、チャーミングでありながらも上品な印象のワインです。

赤系果実のチャーミングな印象に合わせて、苺を使ったサラダなどの前菜や、出汁のような旨味や酸に合わせて梅肉を使ったささみと梅肉あえのような料理と合わせてみるのもおすすめです。

2020/12/5試飲

 

◆ソムリエayaのペアリング提案◆

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯

このワインに合うおすすめ料理〜副菜編〜 【苺とルッコラのサラダ】

ドレッシングは塩、黒コショウ、オリーブオイル、はちみつ、白バルサミコ酢、ピューレにした苺です。特別感がある価格帯だと思うので、格を合わせるために白バルサミコ酢を使用しています。フォークで潰した苺をドレッシングに加えることで、苺・ルッコラとワインを繋いでくれます。ワインの酸とドレッシングや苺の酸味が合わさり、お互いの甘みがより引き出されます。


このワインに合うおすすめ料理〜副菜編〜 【ささみの梅肉あえ】 

ワインを飲むことでささみの旨味が増幅し、梅肉によってワインの果実味がより膨らみます。永遠にリピートできてしまいそうなペアリングです(笑)