テールドシエル ピノ・ノワール樽 2018

テールドシエル ピノ・ノワール樽 2018

通常価格 ¥4,070
/
税込

ぶどう品種:ピノ・ノワール
産地:長野県小諸市糠地産
収穫年:2018年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:日本ワイン農業研究所(株)「アルカンヴィーニュ」
加工所:株式会社ヴィラデストワイナリー

◆商品説明◆

テールドシエルさんの畑で最も多く植えられているというピノ・ノワール。世界中のワイン愛好家を惹きつけてやまない香り高い品種で、あの有名な「ロマネ・コンティ」もこのピノ・ノワールから造られます。

環境に左右されやすく、育てるのが難しいとされる品種をテールドシエルさんはあえて選択し、ピノ・ノワールを極めるという強い意志を持ってぶどう栽培に取り組まれています。

通常、ぶどう栽培の適地は標高800メートルまでとされ、それ以上高いと凍害の可能性がありますが、テールドシエルさんのぶどう畑は雲海が見えてしまうほど高い、平均930メートルの場所に位置します。驚きですよね。

そんな高地で育ったピノ・ノワールがどんな味わいなのか、私も試飲するときとてもワクワクしました。そのワクワク感を皆さまにもぜひ感じて欲しいのです。

ステンレスタンク熟成のものと樽熟成のもの。2種類リリースされていますので、2本買って並べて飲み比べてみるという贅沢な飲み方もおもしろいですね。

こちらは、樽を使って熟成されたタイプ。

可愛らしい果実感をしっかりと残しつつ、樽による複雑性も加わった、ブルゴーニュのピノ・ノワールを彷彿とさせるような上質な1本です。


~テイスティングコメント~

ごく淡い落ち着いた色調のラズベリーレッドで、やや強めの粘性。苺やアセロラのような甘酸っぱい赤系果実の香りの中に、樽由来のロースト香やわずかに出汁のような旨味のある香りが感じられる、複雑さを持ち合わせた香りが漂います。

味わいのアタックは穏やかでソフト。香りでも感じられた赤系果実、ロースト香、旨味を含んだフレーバーがやわらかでエアリーに広がり、アルコールが広がりを増幅させつつ、心地よい酸とタンニンが味わいを引き締めます。その穏やかで緻密なタンニンは余韻をより長く、全体にエレガントな印象を与えています。赤系果実の甘酸っぱさにロースト香や旨味などの要素が複雑に溶け合う様はまるで、ブルゴーニュのピノ・ノワールのように上質で、均衡のとれた味わいに仕上がっています。

ピノ・ノワールと相性が良いことでも知られる鴨肉を使い、ワインの出汁のような旨味に合わせた鴨鍋は、このワインのイメージにぴったりのペアリング。特別感のある価格帯のワインなので、合わせる料理でも特別感を出してみませんか。

2020/12/8試飲

 


◆ソムリエayaのペアリング提案◆

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯


このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【鴨ときのこの鍋】

ワインとの格を合わせるために、太白ごま油で焦げ目をつけたネギを具材に加えています。心地よい酸と穏やかなタンニンが鴨肉の質感に、鴨ときのこの旨味がたっぷり溶け出た出汁と、同じく旨味を感じるワインが良く合います。〆は残ったスープにめんつゆを足して鴨そばにしていただくのがおすすめ。素晴らしい相性を見せてくれますよ。


このワインに合うおすすめ料理〜主食編〜【鰹のたたき】

薬味はみょうがとしそ、ワインの旨味に合わせて昆布ポン酢で。このワインに合わせるなら酸の要素があるポン酢がおすすめです。みょうがとしその香りがより広がり、梅やプラムのような新しいフレーバーも生まれる組み合わせです。


このワインに合うおすすめ料理〜デザート編〜 【ハーゲンダッツストロベリー】

このワインに合わせて、アイスも普段よりクラスアップさせて。果肉がしっかりと感じられる高級アイスとワインの風味が同調して、アイス単体で食べるよりもより美味しく感じられます。アイスを大人味に変えてくれるワインとのペアリング。甘いもの×甘口ワインも良いのですが、こういう組み合わせも個人的にはすごく好みです。