ヴィラデスト プリマベーラ シャルドネ 2018

ヴィラデスト プリマベーラ シャルドネ 2018

通常価格 ¥3,190
/
税込

ぶどう品種:シャルドネ100%
産地:小諸市、東御市、上田市産
収穫年:2019年
内容量:750ml
アルコール度数:12%
製造者:株式会社 ヴィラデスト ワイナリー

 栽培醸造責任者:小西 超

生産本数:2,772本

◆商品説明◆

日本を代表するプレミアムワインを数多く生み出し、「NAGANO WINE」を語る上で欠かせない存在のヴィラデストワイナリーさん。こちらのワインは、ワインコンクールで何年にも渡り評価を受けているシリーズのひとつ、プリマベーラシリーズのシャルドネです。

ぶどう自身の香りの特徴が少なく、ニュートラルといわれるシャルドネは、産地の個性や醸造、熟成方法が素直に引き出される品種といわれています。

ヴィラデストワイナリー代表取締役社長で栽培醸造責任者の小西さんも、「シャルドネは適応力があって比較的育てやすいブドウ、はっきりとわかりやすい香りはないが、しっかりとした芯を持つ品格を感じます。また、育つ土地の気候や土壌、そして造り方によっても姿を変えます。」というように”dancyu合本ワイン”の取材でも話されていました。

こちらのシャルドネは、樽発酵、樽熟成という工程を踏んでいます。樽発酵、樽熟成と聞くと樽の感じが前面に出てくるのでは?と思ってしまいますが、実は逆で、樽の印象が程よくワインに溶け込みエレガントな印象になる製法なんです。

この樽発酵、樽熟成は、小西さんのワイン造りの師匠だった 故 麻井宇介さんの教えでもあります。樽に負けないブドウ本来の力があるからこそ、樽発酵、樽熟成の工程でさまざまな要素が加わり、魅力もパワーも増し、凝縮感のあるワインになるといいます。樽発酵での、シュール・リーによる澱からの複雑な香り(トースト、ナッツ)が生まれ、樽熟成での穏やかな酸化熟成によって、ワインに少しずつ酸素が供給され、やさしくかどの取れた味わいになるんだそうです。

この製法を最大限に活かすために必要なのは、樽に負けないブドウです。地道に畑作業に取り組み、健全なぶどうを収穫するといった基本的なことを忠実に守り抜く、ヴィラデストさんのスタイルがこの製法には欠かせません。

クリアな果実の中に、上品に香る木樽のニュアンスが感じられるこちらのシャルドネは、その品種個性をうまく引き出した、まさにお手本のような造りのワイン。東御市という冷涼な土地の個性が最大限発揮されています。シャルドネ好きの方はもちろん、これからワインを飲んでいきたいと考えている方にも、NAGANO WINE を代表するシャルドネとして自信を持っておすすめできる1本です。

 

~テイスティングコメント~

グリーンがかった状態からやや抜けた、きれいなレモンイエローの色調。フレッシュな柑橘や洋梨などの果実の香りと木樽由来のバニラの香り、次第に鉱物的なミネラルの要素やバターなど乳製品の香りも現れてきます。

味わいのアタックは、プリマベーラ(新緑)のように爽やかでフレッシュな果実の印象がありながらも口当たりは滑らか。丸みのある酸が全体を穏やかに包みます。樽発酵と樽熟成、どちらも行うことにより、木樽の香りを抑え、フレッシュな果実味もしっかりと感じることができます。わずかに感じるバターのようなコクのある香りや穏やかな木樽のニュアンスが全体に厚みを持たせ、果実のフレッシュな印象だけでは終わらない複雑さ、そして、酸味がバランスよく味わいに溶け込んだ、バランスの取れた上品なスタイルのワインです。

小西さん曰く、このプリマベーラシリーズのシャルドネは、比較的軽やかな味わいが特徴なので、メイン料理というよりは前菜、クリーム系でも濃度が軽めのものがおすすめだそうです。

 2020/10/19試飲

 

◆ソムリエayaのペアリング提案◆

今日の夕飯にいかがですか?
実際に試してみたおすすめご飯


このワインに合うおすすめ料理〜主菜編〜 【チーズチキンカツ】 

木樽熟成したシャルドネは、やわらかで丸みのある味わいなので、チーズを挟んだチキンカツを合わせました。木樽由来のコクが油で揚げたチキンカツのコクと合わさり、両方の美味しさがより引き立ちます。バターのような乳製品の香りと、チキンの中で程よく溶けたチーズも好相性。ソースをかけてもいいですが、シンプルに塩というのもおすすめです。


このワインに合うおすすめ料理〜副菜編〜 【ポテトサラダ 】

ワインの乳製品のような香りに合わせて、少量のヨーグルトと生クリームで酸味とコクを加えてみました。じゃが芋の持つ甘みをシンプルに味わいたかったので具材は玉ねぎ・人参と少なめに。滑らかな口当たりのワインなので、じゃが芋はしっかりと潰して滑らかにし、ワインとの質感を合わせました。ワインの酸がじゃが芋の甘みを引き立て、また、隠し味で加えたヨーグルトの酸や生クリームのクリーミーなコクがワインの果実感を増幅させるような相乗効果が生まれるペアリングです。ソーヴィニヨン・ブランと合わせるなら、具材はキュウリを入れるなど、ぶどう品種によってポテトサラダの具材やマヨネーズの量を変えるとペアリングの幅が広がりそうです。